搭乗券に「SSSS」がプリントされた!そのとき何が起こるのか!?

f:id:nanaoworld:20180107190705j:plain

 

先日搭乗した成田からヒューストンの搭乗券に見慣れない文字がプリントされていました。

 

f:id:nanaoworld:20180108075142j:image

 

「SSSS」?

グーグル先生に教えを請う。

検索結果にはイヤなタイトルが並ぶ。

 

  • 飛行機の搭乗券に「SSSS」とプリントされたらヤバいことが起こるらしい
  • もしあなたの飛行機のチケットに「SSSS」と印刷されていたら...大変なことになるかもしれない

 

上位の検索結果をまとめると以下の通り。

 

  • 「SSSS」は「Secondary Security Screening Selection」の略で二次的なセキュリティチェックの対象者に選ばれるとプリントされる
  • アメリカの発着便が対象
  • 要注意人物として選出されるケースとランダムで選出されるケースがある模様
  • セキュリティチェックは10分から30分程度要する

 

一般ピープルなのでランダムで選出された方で間違いないと思いつつ、問題はいつどこでチェックされるのかと考える。

アメリカ国内で英語で質問されたりすると地獄だなと思いましたが、日本発だと以下のような感じでした。

 

  1. 成田空港の保安検査場では通常通り
  2. 搭乗ゲートで搭乗券のバーコードをスキャンするとピーピーピーという音が鳴る
  3. 搭乗ゲートの脇にあるパーティションで区切ったスペースに案内される
  4. 係員に手荷物をテーブルに置くように指示される
  5. 両手と手荷物を紙切れでこすり付けられる
  6. こすり付けた紙切れを確認して搭乗してよいと案内される
  7. アメリカ入国では何もなし

 

セキュリティチェックは数分で終わりました。

紙切れは恐らく爆発物を所持していないか硝煙反応を検査するものだと思われます。

 

別室送りにされて荷物を事細かにチェックされるという記事もありましたが、成田発では上記のような感じでした。

 

関連記事

www.riku-miler.com